新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「女性だから、アスリートだから」と諦めないで。寺川綾と大滝麻未が示す道しるべ

HEROs

<トップ写真:それぞれ本人提供>


アスリートの社会貢献活動を推進する「HEROs」では、活動を共に盛り上げ、社会に「スポーツの力」を繋げるアスリートのコミュニティ『HEROsメンバー』を設けています。ジェフユナイテッド市原・千葉レディース所属の大滝麻未(おおたき・あみ)選手と、元競泳日本代表の寺川綾(てらかわ・あや)さんも、その一員です。

大滝選手は現役選手でありながら、子育てにも奮闘中。また、女子サッカーの普及、環境改善を目的とした『一般社団法人なでしこケア』を立ち上げるなど、社会貢献活動にも取り組んでいます。

寺川さんは、2012年ロンドンオリンピック100m背泳ぎ、および400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。現役引退後に出産を経験し、2児の母でありながら、報道番組のキャスターとして活躍しています。

キャリアにおいて競技以外の活動にも積極的に取り組む2人に、女性アスリートならではの苦悩や、競技だけではないアスリートのキャリア形成について伺いました。


「スポーツの楽しさ」を教える取り組みが大事

―まず、お二人がHEROsメンバーになったきっかけを教えていただけますか?

寺川:(日本財団から)お声がけいただいたことがきっかけです。その際、自分は『HEROsメンバー』として何ができるのかをすごく考えました。というのも、私は現役時代に自分の経験を周囲に伝える活動をしてこなかったんです。引退してキャスターとしていろいろなスポーツに携わらせていただくなかで、競泳選手として生きてきた経験を活かして皆さんの力になりたいと思い、参加させていただきました。

大滝
:私は、女子サッカー選手のキャリア構築や社会貢献活動のプラットフォームを作りたいと思い、2019年の夏に『一般社団法人なでしこケア』を立ち上げました。日本財団さんの支援もあって活動をすすめることができました。その縁もあり、「HEROsメンバーにならないか」というお話をいただきました。なでしこケアの活動を多くの人に届けたい思いもありますし、サッカーだけではなく、いろいろなスポーツへ輪を広げていきたいと考え、参加させていただきました。


―大滝選手が女子サッカー界の課題を認識したのは、いつ頃なのでしょうか?

大滝:2013年ごろですね。2011年のなでしこジャパンのW杯優勝を見ていて、「女子サッカーはこれから盛り上がっていくだろうな」と考えました。その後、私はフランスのオリンピック・リヨンというチームに加入が決まり、日本を離れました。

2年ほど日本の女子サッカーを見ない時期を過ごし、2013年に帰国したのですが、女子サッカーを取り巻く環境が全く変わっていなかったんです。「このままでは女子サッカーだけではなく、女子スポーツ全体が発展しないのでは」と危機感を持ちました。

ただ、危機感がありつつも、具体的にアクションを起こすことはなく、私は2016年、25歳の時にサッカー選手を引退しました。引退後もサッカーに関わり続けたいと考えていたので、どんな事ができるのか模索したんです。FIFAマスター(※)の勉強もしましたし、これをきっかけにアクションを起こそうと思い、現役復帰して、なでしこケアを設立しました。

※FIFAマスター:2000年に設立された、スポーツに関する歴史、マネジメント、社会学などについて学ぶ国際修士。大滝選手は2016年に入学し、2017年に修了。


―なでしこジャパンが2011年のワールドカップで優勝して以降、世間から結果を期待されるプレッシャーもあったと思います。寺川さんは、キャスターとして多くの選手にお話を聞くなかで、そういったプレッシャーをアスリートから感じることはありますか?

寺川:私は世界の頂点に立ったことがないので、トップであり続けることの難しさは、経験した人にしか分かりません。ですが、競泳に限らず、私の周りで世界のトップを経験した方々は、「勝ち続けなければいけない」というプレッシャーを感じていたと思います。

例えば、昨年の東京オリンピックで金メダルを獲得した侍ジャパンの皆さんを取材した時には、優勝したことで、勝負に対する価値観が180度変わったと感じました。頂点を目指して戦うのと、一度は頂点に立った勝者として戦うのでは、その重圧は全く違うものだと思います。当事者でなければ分からない苦労があると感じています。


―引退後の活動として、キャスター以外にはどういったものがありますか?

寺川:単発のレッスンで指導をしたり、小学校の体育の授業へ行くこともあります。選手への指導とは違った経験ができました。水に入ることすら嫌がっていた子を、私たちが抱っこをして、一緒にプールに入るんです。それから、壁につかまって自力で移動させる。水に対する恐怖心を克服するところからスタートします。

授業が終わる頃には、「楽しかった」と言ってくれる生徒がたくさんいました。子どもたちと一緒にスポーツの入り口に立って、そこから一歩を踏み出すお手伝いをできたのではないかと思います。競技人口を増やしたり、競技力を向上させたりするだけでなく、「スポーツの楽しさ」を教える取り組みも大事なんだと感じました。


―大滝さんは日々、女子サッカーの課題に向き合っていますよね。その中の一つに「普及」という面があると思います。中学生になるタイミングでサッカーを辞めてしまう子が多いという課題があります。

大滝
:おっしゃる通り、受け皿が少ないことから、中学校に上がるタイミングで競技人口がガクッと落ちている事実があります。一度サッカーから離れて、そのまま辞めてしまう選手が多いことは、長い間、女子サッカー界の課題になっていますね。現役選手がアプローチするのは難しい部分もあり、模索する時間が続いていると感じます。

なでしこケアでは、中学生を対象にしたワークショップを開催したこともあります。ただ、初めて行なったイベントで、参加した中学生がセクハラ被害に遭ったことを聞きました。それを受けて、なでしこケアとして相談窓口を設置しました。ハラスメント問題は定義が難しく、子どもたちも分かっていないことが多い。女の子がサッカーを続けていくうえで、こうした問題に対応できる環境を整える必要もあると感じました。


―中学生向けのワークショップでは、具体的にどういったことをしているのでしょうか?

大滝:参加した選手全員がプロになるわけではないことを前提に、サッカーを今後のキャリアにどう生かすのかを話し合います。昨年までは単発のワークショップを開催していたのですが、今年は複数回に分けて実施しています。

1回目は、お互いを知ることから。2回目は、これまでのキャリアを振り返りながら言語化してもらい、3回目で将来について考えます。目標や夢を考えるだけでなく、実現のために明日から何をするのか、まで落とし込んで考えてもらっています。

大切にしているのは、選手が指導するのではなく、選手も中学生と一緒に学ぶこと。「こんなことまで考えていたのか」と驚かされることもありますし、私たちも良い気付きをもらえています。


自分にしか歩めないキャリアに価値がある

―大滝選手は、競技を続けながら、また育児もしながら社会貢献活動に取り組んでいらっしゃいますが、大変ではないですか?

大滝:準備が忙しくて追い込まれることはありますが、自分がやりたいことをできているので、大変だという感覚はありません。「やっていて良かったな」と感じる瞬間が多くありますし、そうでなければ続けられていないと思います。

たくさんの選手が『なでしこケア』の活動に賛同してくれて、「いつも女子サッカーのために、ありがとう」と言ってくれたり、ワークショップで育成年代の選手と触れ合うと、もっと頑張ろうと思います。

画像1

大滝さんと息子さん
<写真:本人提供>


寺川:現役選手でありながら、お子さんを育てていらっしゃるのは本当にすごいです。1日が24時間では足りないのではないでしょうか。なでしこケアの活動も含めて、どう割り切って取り組んでいるのですか?


大滝:出産からそろそろ3カ月が経ちますが、正直、あまり育児以外の活動はできていません。どうしても手が離せない時には、子どもと一緒に会議に参加することもあります(笑)。時間が足りないなと思うこともありますが、うまく調整しながら、少しずつ活動を再開していきたいです。

1月にチームの練習に復帰したのですが、家を空ける時は、リモートワークをしている夫に子どもの世話を任せています。私の夫は、出産や子育てに関しても柔軟に考えてくれます。

「子育ては分担してやるのが当たり前」というスタンスですし、「子どもが欲しいから、サッカーを辞める」と相談した時も、「どうして子どもが欲しくて、サッカーを辞める必要があるの?」と引き止められました。夫の協力がなければ、競技やなでしこケアの活動、子育ての両立は難しいと思います。

寺川さんは、競技を引退してからお子さんを出産されたんですか?


寺川:そうですね。今は7歳と3歳になりました。子どもを抱えながら競技を続けるというのは、考えられなかったです。


大滝:私も「引退して出産しよう」という気持ちもありました。しかし、クラブから「出産してから復帰する選択肢もあるのではないか」という話をいただいたんです。


寺川:そういった提案をしてくれるクラブの方も、素晴らしいですね。他にも、現役選手でありながら出産を決断する選手もいらっしゃるのでしょうか?


大滝:いや、ほとんどいないです。これまでは、選手が妊娠したタイミングで、クラブが契約を解除することもありました。しかし、FIFAがそれを禁止したり、産休中も給与の2/3を支払わなければならないというルールを作ったんです。

2021年には、日本初の女子プロサッカーリーグである『WEリーグ』が開幕しました。リーグとして「選手の出産や育児をサポートしていこう」という動きもあります。

私の所属するジェフユナイテッド市原・千葉レディースは、産休中も給与を全額支払ってくれますし、育児のサポートもしてくれています。そうした事実をしっかり発信して、後に続く選手が出てきてくれたらいいなと思います。


―アスリート、特に女性が競技を続けるためには何かを諦めなければいけないという風潮もあったように感じます。

大滝:「女性だから」という理由で何かを諦めてほしくないと思います。私自身が、妊娠と出産を経験したことで、数名の選手から「私も子どもがほしいけど、チームの理解を得ることや、タイミングが難しい」と相談を受けました。サッカー人生と家族のどちらが大切か、比べることはできません。どちらも大切ですし、一方を諦める選択をしなければいけないのは悲しいことです。

男子はたくさんの選手が結婚して、子どもがいながらサッカーを続けることが当たり前になっていますよね。体の構造的な違いはあるにせよ、どうして女子にはその選択ができないのだろうと考えてしまいます。

一度きりの人生なので、自分のやりたいことを選択できるようになってほしいと思います。自分にしか歩めないキャリアを作ることができれば、振り返った時に後悔のない、価値のある人生になると思います。


アスリートの「強み」と、意外な「弱み」

―大滝選手は、ご自身の競技経験から得ることができたものや、世の中に伝えていきたいことはありますか?

大滝:「出会い」だと思います。私は、小学校1年生から競技を始めましたが、振り返るとサッカーをしていなければ出会えなかった人がたくさんいます。

サッカーを通じて海外にも行けて、今でもフランスにいる元チームメイトと連絡を取り合います。同じ目標に向けて切磋琢磨した仲間は特別な存在ですし、そうした人との出会いは、現役時代だけではなく、引退後も貴重な財産です。世界のトップで活躍することは、アスリートにとっての夢だと思いますが、決してそれだけではありません。「自分のなかに、大切なものは必ず残るよ」と伝えたいですね。

画像2

練習中の大滝さん


寺川:大滝選手がおっしゃるように、「出会い」はすごく大切です。現役時代に多くの人と繋がって情報を共有しておくことは、引退後の土台になります。土台ができていれば、その後の道も作りやすくなりますからね。

私はミズノ株式会社の社員として2007年から2013年まで競技を続けさせていただきました。新入社員研修も経験しましたし、水着の開発についてのお話も聞きました。私が普段着用している水着を作るために、どれだけ多くの人が関わっているのかを知れたのは大きな経験ですし、より一層、感謝の気持ちを持って競技に臨むことができました。

アスリートの皆さんには、ただ競技に取り組むだけではなく、自分が置かれている環境に目を向けて、いろいろなことを学んで欲しいです。


―スポーツを通して出会える人の数は果てしないですし、「スポーツっていいな」と思える要素の一つですよね。寺川さんは、ご自身の経験を振り返っていかがですか?

寺川:夢や思いを体現するために、諦めることなく人生を切り拓いてきた経験は、子どもたちに伝えていきたいです。

私の両親はスポーツが得意ではなかったし、身近に競泳をやっている人もいなかったので、「オリンピックに出場するなんて無理」と言われ続けてきました。高校に進学する時も、勉強に専念するよう説得されたんです。それでも夢を諦めたくなかった私は、競技を続けて、オリンピックに出場することができました。

過去の私と同じ境遇に立たされている子どもたちは、多くいるのではないかと思います。スポーツだけでなく受験など、人生の岐路に立った時に、自信を持って信じる道へ進んでほしいです。


―「スポーツしかやってこなかったし」と自身の経験をマイナスに捉えて、発言をためらうアスリートも少なくありません。そういった具体的なエピソードは、必ず誰かの役に立ちますし、どんどん広めていくべきだと思います。

寺川:周囲とは違った人生を歩んできたアスリートにとって、自信の無い部分かもしれませんね。私もどちらかといえばそのタイプで、「私なんかの話でいいの?」と、いつも思ってしまいます。

例えば、「アルバイトをしたことがない」とか、「受験勉強をしたことがない」とか。経験不足の面を、ネガティブに感じているアスリートは多いと思います。そうした考え方の転換は必要かもしれませんね。

寺川綾サブ写真

現役時代の寺川さん
<写真:本人提供>


―大滝選手は、アスリートの強みについて、どうお考えですか?

大滝:良くも悪くも影響力が大きいことですかね。自分をロールモデルとして、目標にしてくれる子どもが一人でもいるならば、その存在を大切にする必要があると思います。たとえ一人でもファンがいるのであれば、大きな責任が生じますし、道しるべになる必要があります。プレッシャーでもありますが、アスリートの価値であり強みです。


寺川:「道しるべ」としての例を挙げるとすれば、スポーツをしている子どもを持つ親御さんから相談を受けた時に、自分の経験をもとに具体的なアドバイスをできるのは、アスリートの強みだと思います。

子どもの食事や、悩んでいる時の声掛け方法などを伝えることで、子どもたちの役に立てているのかな、お父さんお母さんの悩みを減らしてあげることができたかな、と微力ながら感じます。大滝選手もそうですが、子どもがいるアスリートだからこそできる取り組みもあると思います。


「引退後のキャリアを考えながら、競技に取り組んでほしい」

―最後に、お二人からアスリートに向けてメッセージをお願いします。

大滝:競技を通じて学んだことを、自分の将来にどう生かせるかを考えてほしいですね。将来を考えながら競技に取り組むことで、まったく違う未来が見えてくると思います。

「サッカーしかしてこなかったから、引退後に何をしたらいいのか分からない」という現役選手が多くいました。「競技以外に何がしたいのか」を考える癖をつけてほしいなと思います。視野を広げて自分を見つめ直したり、競技以外のことにも挑戦すれば、キャリアを充実させることができると思います。

今後、なでしこケアとしては、「自立」を意識した活動をしていきたいと考えています。多くの選手が「これがやりたい」、「もっと社会に貢献したい」と考えていますが、行動に移せていない選手がほとんど。アクションを起こすだけで輪は広がりますから、行動に移せる「自立」した選手を一人でも多く増やしていきたいですね。それが女子サッカーの価値向上にも繋がると思います。


寺川:アスリートとして結果を残すことは重要です。そのうえで、引退後のキャリアを見据えることが大切ですね。

引退したら、現役時代より競技力が向上することはないし、競技と接する機会自体が減ってしまいます。その時に大事になってくるのが、「人として培ってきたもの」だと思います。競技生活から何を学んだのかを、はっきりと言えるアスリート人生を歩んでもらいたいです。

私は、恥ずかしながらタイムや大会での成績など、結果を残すことしか考えておらず、将来のプランを持たずに引退してしまいました。すごく悔やんでいますが、今は『HEROs』など、活動の窓口が広がっています。今後は私自身も、現役選手と一緒に社会貢献活動について考える機会を作りたいと思っています。

先日、HEROs AWARDに参加して、競技を続けながら、社会に対して何ができるかを考えるのはエネルギーがいるし、大変なことだと痛感しました。同時に、活動がキャリアにおいて有意義なものになると感じました。コロナ禍では、これまで行なってきた活動が制限されることも少なくありません。だからこそ、別の形の活動を模索していく必要がある。そんな段階に来ているのではないでしょうか。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!